鈴木賢建築設計事務所 SATOSHI SUZUKI ARCHITECT OFFICE        <<back

 sno house T・U−程良い距離感を保つ二世帯独立住宅−



■data

実家の建替を機に親世帯と子世帯それぞれ独立した専用住宅を計画
独立しながらも調和の取れた形態を意識し屋根形状は勾配を抑えて水平ラインを強調した寄棟を基本とした

house T
開放的なワンルーム形式のLDK 南東それぞれにバルコニーとデッキテラスを設置して南の庭・東の庭それぞれをアクティブに愉しめるよう配慮
2階は廊下を排したセミ・パブリック空間である“2階リビング”として多目的に利用 吹抜に繋がる畳コーナーを配置

house U
終の棲家としてのシンプルな構成 将来を見越して1階のみで生活が出来るよう配慮
趣味の庭いじりのため南側に広く庭を確保

所在地/東京都杉並区
主要用途/専用住宅

構造・構法
木造 在来軸組工法
基礎 直接基礎

規模
階数 地上2階
軒高 6,315o 最高の高さ 7,200o
敷地面積 235.47u・161.39u
建築面積 91.09u(建蔽率38.68%許容40%)・58.80u(建蔽率36.43%許容40%)
延床面積 135.81u(容積率57.68%許容80%)・87.78u(容積率54.39%許容80%)
 1階 59.62u 2階 76.19u ・1階 40.58u 2階 47.20u

敷地条件
第一種低層住居専用地域 準防火地域 10m第1種高度地区
道路幅員 北1.82m 東4.54m

外部仕上
屋根/カラーガルバリウム鋼板t=0.4 竪はぜ葺
外壁/ラスモルタル下地t20の上、砂壁状塗材吹付
開口部/木製サッシ(複層ガラス) アルミサッシ(複層ガラス) スチールサッシ アルミガレージシャッター
床/磁器質タイルt=9 400角

内部仕上
床/磁器質タイルt=9 400角 ナラ無垢フローリングt=15 ビニル床シートt=2.5
壁/珪藻土 ビニルクロス
天井/珪藻土 ビニルクロス