鈴木賢建築設計事務所 SATOSHI SUZUKI ARCHITECT OFFICE


□設計監理報酬について   マンションのスケルトンリフォームの場合


TOP


SSAOでは国土交通省告示第15号(平成21年1月7日)を基準として、クライアントと相談の上、計画建物の用途・規模・特殊条件等を勘案して設計監理報酬を定めていますが、告示は新築案件を対象としているため増築やリフォームに関する記載がありません。

そこでマンションのスケルトンリフォームの場合は
設計監理報酬=床面積(坪)×経費を含めた業務単価(=30,000(円/坪)(2013.4.1改訂))
を基本とし、リフォームの内容・難易度等を勘案し、クライアントと相談の上で定めます。
そして報酬に消費税額を加えた総額をお支払い頂くことになります。

詳しくはStep 5で見積書を提示し説明します。
例えば60u(約18坪)の場合の報酬額は約54万円です。

工事費の15〜20%としている設計者が多いようですが、例えばシステムキッチンの場合、200万円でも500万円でもSSAOの業務量が2.5倍も違うということは考えられませんので、床面積ベースの方が明朗ではないかと考えています。




□報酬の支払時期について

初回提案(Step 1 〜 Step 4) までの報酬は無償とします。ただし無償であるため提案資料は打合せ後に返却をお願いします。
Step 7で結ぶ契約書における報酬の支払時期は基本的に3分割としています。
新築と同様に出来高払いの考えに基づいており、双方のリスク回避に有効であると考えております。

支払時期と報酬額のパーセンテージ
@委託契約成立時(10%)
A設計完了時  (60%)
B竣工時    (30%)


<<back


TOP