鈴木賢建築設計事務所 SATOSHI SUZUKI ARCHITECT OFFICE


 吉祥寺のSOHO−築35年・中古マンションのスケルトンリフォーム−


TOP

SSAOのオフィス兼住居として2008年に築35年の中古マンションを購入し、自らの設計でスケルトンリフォームしました。


















■動機・条件など

・都内の2DK賃貸集合住宅に夫婦で居住(将来の家族構成は未定)
・2年毎の契約更新を控え引越しを検討する
・夫の独立を見越して住居兼ワークスペース探しを開始
・希望エリア、予算等の条件からも新築案件は除外した
・そもそも新築マンションの商品然としたところが夫婦共好きではない
・スケルトンリフォームが前提なのでリフォーム済でない方が都合が良い


■中古マンション探し

・ネット検索で情報入手
・数件候補を挙げ不動産会社に内覧を依頼
・休日に内覧。2件目で程良く歳を重ねた築35年の中古マンションに一目惚れ


■当該マンションの特徴

・大手建設会社設計施工
・管理状態良好
・角部屋(2面採光)
・幹線道路沿い(防音対策が必要)
・大規模修繕工事中
・リフォーム済物件として販売を予定し内装工事中


■BEFORE























<問題点>
・仮想の入居者に向けた特徴のないプラン
・玄関収納が少ない
・この延床面積で和室は不要
・LD、洋室を1室空間で間仕切らずに使いたい
・二重天井のため天井が低い
・全室クロス壁、クロス天井は避けたい
・床には無垢材フローリングを使いたい






(参考写真)別階同タイプ
以前の入居者によってある程度のリフォームは行われていたようだ
当時の資料によれば竣工当初の仕上は直床:カーペット敷込 壁・直天井:クロス貼


  
  




  
  





■工事中断時

間仕切壁下地までは施工済、残念ではあるが再利用不可の部分は撤去してもらう
またドレン配管は施工済のためエアコンの設置位置は変更出来なかった


  
  





■購入〜工事再開

・不動産会社と交渉し工事を一時中断してもらう
・自らの変更設計後工事を再開
・賃貸住宅の契約更新前に引越すため工事期間は限られる
・施工は不動産会社発注のリフォーム専門工事会社に引続き依頼
・住宅ローンを使って購入、変更増額部分は現金で精算


■AFTER































  
  

  

  



<リフォームの特徴>
・通行量の多い街道に面するため南側開口部には遮音性・断熱性を高めるインナーサッシを採用
・LDKは広い1室空間として壁面には造付の書架、雑誌架、カウンター収納を設置
・寝室はミニマム空間(自邸ならではの割り切り)
・キッチンユニットはコスト削減のためIKEA製をアレンジ
・セミ・パブリック空間とプライベート空間で内装にメリハリをつけ、寝室・ワークスペースは安価な仕上
・予算の都合でバルコニーのウッドデッキは今回は断念




















■感想・住み心地など

・自分達が住むため生活シーンをイメージし易く、手持ちの家具寸法等を反映させたキメ細かい対応ができたと思う
・初めてクライアントの立場となり、コスト調整に際してクライアントの苦悩を再認識した
・リフォーム工事は仕事が早いので検討・決断に瞬時の判断が要求された
・勤務先の担当監理現場が近かったこともあり、空き時間を利用して現場へ。また夫婦でほぼ毎晩進捗を確認しに現場へ行くことも楽しかった
・インナーサッシによる遮音は効果的。予算の都合で寝室・ワークスペースの窓は断念したが、追々設置したい
・無垢材フローリングは肌触りがやはり気持ちが良い
・壁・天井の内装壁用塗材(INAX ヌリカラット)にも満足。ただし1年後から壁の入隅やカウンターとの取合部分にクラックが入った。
 自分は気にならないがクライアントに勧める際には注意が必要。
・入居した年に理事として管理組合活動にも参加
・建築士でもある入居者として定期調査報告や屋上防水検討委員会活動にも関わっている
・自身と同年代の建物と共に人生を歩んでいきたいと考えている






<<back


TOP